2009年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

~第9章~ ハンコと色風水

■色風水とは?  風水とは、周りの環境を整えて良い気を集め、運気をつかむという考えの事です。 その風水に色が持っているパワーを重ねる事で、さらに運気をアップさせましょう! というのが色風水です。

■どういう時に力を発揮するのか? 白色は、人間関係を改善させたい時や、過去をリセットして新しいことを始めたい時、 気分転換を図りたい時、自分の本来の魅力をアピールしたい時に力を発揮します。 また、他の色と組み合わせる事で、それぞれの色のパワーを増大させることが 出来ます。

赤色は、仕事や恋愛、ギャンブルや受験といった絶対に勝ちたい勝負の時や、 自分の実力を周囲にアピールしたい時に力を発揮します。 濃い赤は他の色と組み合わせるとその色の作用を薄れさせてしまうので、 単色で使った方がよさそうです。

桃色は、恋愛運をアップさせたい時や、良い人間関係を築きたい時に力を発揮 します。白と合わせると効果的ですが、黒とは合わせない方が良いようです。 黒は秘密や拒絶といった意味を持つ色なので、ピンクの優しさや愛情という意味 合いを壊しかねません。

黄色は、金運をアップさせたい時や、自分の性格を変えたい時、今の生活から 抜けだしたい時、社交性を高めて楽しい雰囲気を演出したい時に力を発揮します。 黄色は「変革」の力を秘めているので、今金運が好調の人は使いすぎないように 心がけた方がいいようです。

緑色は、冷静になりたい時や、疲れを癒したい時、穏やかでいたい時に力を発揮 します。また、緑は青と黄の2色からなるので、両方の色の良さを取り入れることが でき、あらゆる面で豊かになれるといわれています。

青色は、過去を清算したい時や、自分自身のやる気を高めたい時、周囲に安心感や 信頼感を与えたい時、精神を落ち着かせたい時、物事を冷静に正しく判断したい時に 力を発揮します。

紫色は、自分自身のステータスを上げたい時や、人に騙されたくない時、 個性を強く発揮したい時に力を発揮します。ただし、多用すると近寄りがたい 印象を与えたり、運勢の吉凶が極端に出たりすることがあるので気をつけてください。

■最後に  ハンコパークスで扱っている風水カラーラクトは「青 赤 ピンク 紫 黄 緑 白」の 7種類です。ラクトは加工性に優れ、綺麗な色をつけれるのが特徴ですが、動物系と 比べると強度が低く、実印や銀行印にはあまり向かないので、認印用のハンコとして 使って頂くのが良いと思います。

★画像をクリックすると、ハンコパークスのカラーラクト販売画面に飛びます★

[...]

Stamps 印鑑・印鑑ケース 新登場!

とてもおしゃれなStamps 印鑑が新登場!! ケースもすごくおしゃれです。 [...]

~第8章~ ハンコの印材(材質)

■印材とは 印材とは、ハンコを彫る為の素材のことです。ハンコの価格に1番影響を与えます。 扱っている印材はハンコ屋さんによって多少変わってくるので、今回は定番の印材のみ ご紹介したいと思います。

■定番の印材 ― 象牙 ―   高級感があり、耐久性に優れ、朱肉の 付きやすさと離れやすさのバランスも非常 に良く、綺麗な印影を残す事ができるので 「ハンコの王様」と呼ばれています。  ワシントン条約以降は輸出入が禁止され ている為、希少性が高くなり、お値段が 張ります。

       お手入れ方法  白水牛・黒水牛よりも乾燥等によるひび割れに強く、虫食いの心配もありません。 汚れや埃は、水で洗った後乾いた布で水分をふき取り、直射日光を避けて日陰で 干すとキレイに取れます。艶を失っている場合は、柔らかい歯ブラシや布などに、 少量のコンパウンド(粉末状の研磨剤)や歯磨き粉をつけて磨くと輝きを取り戻す事が できます。  

― 白水牛(オランダ水牛) ―  象牙に次ぐ耐久性と押印性をもって います。天然ものなので、模様の入り方や 色合いが異なり、ひとつとして同じものが 無いのが特徴です。模様のない「純白」 の方が希少なので、模様があるものよりも お値段が高くなります。

    

 

― 黒水牛 ―  耐久性や押印性は白水牛と変わりま せん。朱肉をつけた時の、黒と赤のコント ラストが美しく、男女問わず人気があり ます。 耐久性と値段で考えると、最も コストパフォーマンスが良い材質といえ そうです。

      

お手入れ方法  水牛は乾燥にとてもデリケートな印材のため、太陽光や照明の下に長期間放置すると 乾燥してヒビが入ってしまう事があります。また、虫食いによる被害がごくまれにあるので、 使ったあとは必ず、印鑑ケースに入れて冷暗所で大切に保管して下さい。エアコンや 冬期の乾燥には特に注意して、1年に1度くらいのペースで印面以外の部分にオリーブ オイル等を軽く塗布するとより長持ちします。 

  ― 薩摩本柘(つげ) ―  植物系の印材としては最も繊維が緻密 で粘りもあり、篆刻に適しています。

[...]

ネームKicki(キッキ) 発売開始!

人、それぞれ、自分コーディネイトできるネーム印 ネームKicki(キッキ)の発売を開始しました! [...]

クイックC9キティ・リップネームキティ 発売開始!!

かわいいキティちゃんの印鑑が発売開始になりました。 どっちもすごくかわいくて迷っちゃいそうです。 [...]

~第7章~ ハンコサイズの違い

■男性印と女性印のサイズの違いについて  女性の場合は、男性のハンコよりも小さめのサイズを勧められる事が多いと思います。 それは何故なのでしょうか?    結論から言ってしまうと、ハンコの大きさによって受ける印象が変わるからです。 一般的に、大き目のサイズは威厳のある印象を与え、小さめのサイズは控えめな 印象を与えると言われています。確かに大き目サイズのハンコの方は、堂々として 自信に満ち溢れているような印象を受けて、小さめサイズの方は繊細で控えめな 印象を受ける気がします。  昔は、男性用のハンコよりも一回り小さ目のハンコを選ばれる女性が多かったのですが、 最近は男性(夫や彼氏)と同じサイズか、それよりも大きいサイズのハンコを選ばれる方が 少しずつ増えてきているようです。社会で活躍する元気で活動的な女性が増えてきたから でしょうか?ハンコから時代の移り変わりを垣間見る事が出来るなんて面白いですよね。

 

■一般的なサイズの選び方 ———————————————————— ●実印   男性:15.0mm~18.0mm       女性:13.5mm~15.0mm  

●銀行印   男性:13.5mm~15.0mm   女性:12.0mm~13.5mm    

●認印   男性:10.5mm~12.5mm   女性:10.5mm~12.5mm ————————————————————- ※経営者の場合は、男女関係なく組織のトップとしての風格を感じさせる標準よりも  大き目のサイズを選ばれる事が多いようです。

■最後に  『ハンコは自分の分身である』とよく言われていますが、持っているハンコのサイズや 材質、管理状況から、知らないうちに性格を判断されている事が結構あるようなので、 その通りなのかもしれません。ハンコからある程度の性格が分かるなら、血液型占い ならぬハンコ占いも出来そうですね。(もしかしたら、すでにあるかも?)    本当は持っているモノなどで人を判断するのは良くない事なのですが、例えば大き目の 象牙のハンコを持っている男性を見たら、この人は地位の高い人なのかな・・・?といった 感じでぼんやりとしたイメージが出来てしまう事があります。ですから、ハンコは適当に 選ばずに自分自身を見られていると思って、自分のイメージに合ったものや、将来なりたい 自分のイメージに合ったハンコを選ぶ事をオススメします。

[...]

~第6章~ 角印とは?

  ■角印とは?  角印は社印とも呼ばれ、会社実印よりもやや大きめ(21.0mmか24.0mm)の会社名だけ を彫った四角いハンコで、会社のハンコの中では最も使用頻度の高い大切なハンコです。  主に会社実印と合わせて使われ、見積書・請求書・契約書・領収証・注文書などの社外 文書の他、稟議書などの社内文書に会社や法人の承認の証として押印します

 一般的に会社名+『印』(又は文字数のバランスにより『之印』)と彫刻します。

★画像をクリックすると、ハンコパークスの角印販売画面に飛びます★

 

■角印はどの位置に押すのが正しい?  角印を押す位置は、法律で定められているわけではないので、絶対にこの位置に 押さなければならない!という決まりはありませんが、会社名又は代表者名の右端に 角印の左端が1/3ほど重なるように捺印する押し方が多いようです。

 

■最後に  会社実印を角印と兼用されている会社もありますが、実印の印影が多くの人の目に さらされることになり、偽造の危険性が高まるので大変危険です。

 十分に注意していても被害に合う場合もありますし、実印を銀行印や角印と兼用し、 管理もきちっとしていない状態でも被害に合わない運の強い方もいます。多少は運も 関係してくるかもしれませんが、出来るだけ被害に合う確立を減らす為にも、会社実印・ 会社銀行印・角印の兼用は避けて別々に保管するようにして下さいね。

★会社実印・会社銀行印・角印の3点セット★

[...]

~第5章~ 会社銀行印とは?

■会社銀行印とは?  銀行印とは、会社が預金の支払いや手形・小切手に押印する為に銀行に届ける ハンコのことで、会社のお金を動かす時に使用するので、会社実印と同様にとても 重要なハンコになります。    会社銀行印は、二重丸の外枠に社名が入り、内枠に「代表取締役印」か「銀行之印」 と入れるというのが一般的で、会社実印よりひとまわり小さいサイズ(16.5mm)を選ばれる ことが多いです。

 

■銀行印を紛失してしまった場合 会社銀行印を紛失又は盗まれた事に気がついたら、すぐに以下のような対応をして下さい。

1.会社銀行印を登録した銀行に紛失届をだし、紛失したハンコで銀行取引などが出来ない   ようにし、使われた形跡があった場合にはすぐに連絡してもらうようにします。

2.新しく会社銀行印として登録するハンコで改印届を提出して、紛失したハンコの   効力を完全に失わせます。

3.会社印が悪用された場合に備えて、所轄の警察署に紛失届・盗難届を出して   紛失届出証明書・盗難届出証明書を入手しておきます。

 

■寸胴(ずんどう)タイプと天丸(てんまる)タイプについて

<寸胴タイプ>  寸胴タイプのハンコには天地を示すアタリがない為、捺印のたびに印面を見ながら 上下を確認する必要があります。面倒くさいと思われるかもしれませんが、重要な 契約書類などに押印をする際に、その確認する「間」が出来る事で、より慎重に 押印することが出来るという利点があります。  「自分の分身であるハンコに傷をつけない」という意味から、アタリ(しるしや溝)は 一般的につけない事になっています。

<天丸タイプ>  天丸タイプのハンコには天地を示すアタリがあり、押印時に迷うことなく押す事が できます。キャップ(サヤ)がついているため寸胴タイプよりやや値段が高くなりますが、 印面が保護されて傷がつきにくいという利点があります。また、手に馴染みやすい 瓢箪型をしているので、個人印とも区別がしやすく、会社実印や会社銀行印用の 定番として好まれています。

★画像をクリックすると、ハンコパークスの会社銀行印販売画面に飛びます★

 

■最後に  会社銀行印は、会社のお金を直接動かす事ができるハンコなので、使いようによっては 会社実印よりも重要なハンコになります。銀行に出向いて押印することもあるので、会社の ハンコの中では、一番社外に持ち出す機会が多く、紛失してしまう確立が高いので、社外に もって出る時は、会社にとって重要なハンコを持っているという事を意識して、紛失や盗難に あわないように特に気をつけるようにしてくださいね。

[...]

~第4章~ 会社実印とは?

■会社実印とは?   会社実印は、会社印、代表者印、代表取締役印など様々な呼び方がありますが、 会社や法人の設立登記時に印鑑届書に押印して法務局に届け出たハンコのことです。

■実印として登録するには?  実印として登録するには、印影の一辺の長さが1センチを超え、3センチ以内の 正方形に収まるものでないといけないという決まりがあります。ただし、文字に関しては 特に何も決まっていないので、あまりする人はいませんが、全く関係ない文字で登録 する事も可能です。 また、会社実印は、代表取締役が複数なら、その人数だけ 登録することができます。

 会社実印は二重丸の外枠に会社名、内枠には、株式会社の場合は「代表取締役印」、 合同会社や任意団体などの場合は「代表者印」と入れられるのが一般的で、サイズは 16.5mmか18.0mmを使われる事が多いです。

★画像をクリックすると、ハンコパークスの会社実印販売画面に飛びます★

 

■会社実印を紛失してしまった場合 会社実印を紛失又は盗まれた事に気がついたら、すぐに以下のような対応をして下さい。

1.会社実印を登録した法務局に紛失したことを届け出て、紛失したハンコの印鑑証明が   交付出来ないようにします。

2.新しく会社実印として登録するハンコで改印届を提出して、紛失したハンコの効力を   完全に失わせます。

3.会社印が悪用された場合に備えて、所轄の警察署に紛失届・盗難届を出して   紛失届出証明書・盗難届出証明書を入手しておきます。

4.関係先、取引先に改印したことを伝え、会社名義の注文書や領収書などを偽造   されるのを防ぎます。

■最後に  会社実印は、各種登記申請書、官公庁への届出、重要な契約の時などに、 「間違いなくその会社によって契約が結ばれたこと」を証明する為に捺印するものであり、 法務局で交付される印鑑証明もともに添付すれば、会社の代表者が取引を行ったという 重要な証拠になります。会社で使用するハンコの中で最も重要なハンコなので、しっかり 管理するようにしてください。

[...]

クイックC9 登場!

押すと同時にシャッターが開く、朱肉のいらないキャップレス印が発売になりました。 [...]