2018年9月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

~第8章~ ハンコの印材(材質)

■印材とは 印材とは、ハンコを彫る為の素材のことです。ハンコの価格に1番影響を与えます。 扱っている印材はハンコ屋さんによって多少変わってくるので、今回は定番の印材のみ ご紹介したいと思います。

■定番の印材 ― 象牙 ―   高級感があり、耐久性に優れ、朱肉の 付きやすさと離れやすさのバランスも非常 に良く、綺麗な印影を残す事ができるので 「ハンコの王様」と呼ばれています。  ワシントン条約以降は輸出入が禁止され ている為、希少性が高くなり、お値段が 張ります。

       お手入れ方法  白水牛・黒水牛よりも乾燥等によるひび割れに強く、虫食いの心配もありません。 汚れや埃は、水で洗った後乾いた布で水分をふき取り、直射日光を避けて日陰で 干すとキレイに取れます。艶を失っている場合は、柔らかい歯ブラシや布などに、 少量のコンパウンド(粉末状の研磨剤)や歯磨き粉をつけて磨くと輝きを取り戻す事が できます。  

― 白水牛(オランダ水牛) ―  象牙に次ぐ耐久性と押印性をもって います。天然ものなので、模様の入り方や 色合いが異なり、ひとつとして同じものが 無いのが特徴です。模様のない「純白」 の方が希少なので、模様があるものよりも お値段が高くなります。

    

 

― 黒水牛 ―  耐久性や押印性は白水牛と変わりま せん。朱肉をつけた時の、黒と赤のコント ラストが美しく、男女問わず人気があり ます。 耐久性と値段で考えると、最も コストパフォーマンスが良い材質といえ そうです。

      

お手入れ方法  水牛は乾燥にとてもデリケートな印材のため、太陽光や照明の下に長期間放置すると 乾燥してヒビが入ってしまう事があります。また、虫食いによる被害がごくまれにあるので、 使ったあとは必ず、印鑑ケースに入れて冷暗所で大切に保管して下さい。エアコンや 冬期の乾燥には特に注意して、1年に1度くらいのペースで印面以外の部分にオリーブ オイル等を軽く塗布するとより長持ちします。 

  ― 薩摩本柘(つげ) ―  植物系の印材としては最も繊維が緻密 で粘りもあり、篆刻に適しています。

[...]